英語で面接、マナーは日本語のときと一緒でいいの?気をつけるべきポイント!

英語面接での挨拶~着席は?

英語面接の際、入室時には「Hello.」の挨拶が基本。日本語面接でもまずは「失礼します。」と挨拶をしてから入りますよね。同様に、元気な挨拶で良い印象を与えましょう。
日本語面接と異なり、英語面接では入室した後、面接官と握手するというマナーがあります。着席する前に正面の面接官に手を差し伸べ、挨拶とともにがっちりと握手。これで初めてきちんとした挨拶をしたことになるのです。海外でのマナーを覚え、身体が自然と動くほどになれば完璧ですね。
着席の際には日本語面接と同様に自分が着席してもいいかを面接官に尋ねます。勝手に座ってしまうことのないよう、「May I have a seat?」と尋ね、相手から承認が返ってきてから着席しましょう。

受け答えはフレンドリーに!

日本語でも緊張する面接。英語でこなせと言われたら、とても緊張してしまいますよね。面接では質問に対する受け答えもさることながら、本人の態度も注意深く見られています。英語での面接では、間違った回答を恐れ声が小さくなってしまったり、覚えてきた答えを棒読みすることもあまり良い印象を与えません。面接官は、フレンドリーに、そして熱心に相手の顔を見て回答する積極的な人を選ぼうとします。グローバル人材に求められるクリエイティビティや積極性を損なわない態度が面接でも高評価なのだそう。思いがけない質問にその場で対応するには、丸暗記は逆効果です。面接官とおしゃべりするような軽い気持ちでフレンドリーな受け答えをし、しかし自分の熱意が存分に伝わる面接を心がければ、採用に大きく近づくことができるでしょう。

経済政策の一環として日本国内へ外国企業の誘致を推進していることから、今後ますます外資系の求人は増加が見込まれます