英語での面接!質問が聞き取れなかった時の対処法!

簡単なフレーズを覚えよう

外資系企業に就職しようとすると、英語での面接が待ち構えています。ただでさえ面接は緊張するのに、普段あまり英語に触れていない人からすると、英語での受け答えはより一層プレッシャーが掛かります。「もし質問が聞き取れなかったらどうしよう」と心配になるのも無理はありません。
英語の質問が聞き取れなかったら、基本は"Pardon?"と言います。中学生の時に英語の授業で習った人もいますよね。簡単なフレーズなのですぐに覚えられます。他にも"Excuse me?"や"Sorry?"もパターンに追加しておきましょう。ただし、これらのフレーズは何度も使うと悪い印象を与えます。相手の声が小さくて聞き取れなかったときだけに留めましょう。

相手の言ったことを言い換えて聞き直す

英語力に自信が無いと、相手の言ったことを正しく理解したかどうか不安になるものです。何度も"Excuse me?"を繰り返すのはNGですので、他に切り抜ける方法を身に着けておきたいですよね。
簡単には、"You mean..."で文章を始めて、自分の理解を確認する方法です。「仰っている意味は、こういう理解でよいでしょうか」という質問を相手に返し、正しいかどうかを確認するのです。合っていれば”Yes."、間違っていたら他の言い方でもう一回質問してもらえます。
確かに、英語のリスニングに不安な点があると面接に尻込みしてしまうものです。言い換えを用いて聞き直すことで、コミュニケーションの意志をアピールできるとポジティブに考えましょう。

英語で面接しようとすると緊張するかもしれませんが、事前に準備ができるものです。想定問答に対して回答を用意しておきましょう。