外資系企業での英語面接でよくある質問はこれ!

志望動機を聞かせてください

外資系企業の英語面接では、序盤に志望動機を聞くパターンが多いです。これは日系企業の面接でも良く聞かれる質問です。なぜその企業で働きたいと思ったのか、具体的に言えるようにしましょう。「なんとなく」ではダメです。自分の能力をその企業で活かせると思った理由、他の企業ではなく何故その企業が良いのかを、はっきり述べるのが大切です。
あまり英語に慣れていない人が、面接の場でぶっつけ本番に英語で答えようとするのは無謀です。うまく言いたいことが表現できないリスクがあるからです。面接の前に、英語で志望動機を言う練習を積み重ねておきたいところです。定型パターンを作り、ネイティブにチェックしてもらいましょう。ネイティブチェックの入った受け答えなら自信が持てるはずです。

これまでの業務経験を教えてください

外資系企業に転職するとき、面接では何を聞かれるのでしょうか。主に、前の職種での経験を聞かれることがほとんどでしょう。どのようなポジションで、どれくらいの年月を過ごしたのか、具体的な質問をされます。ビジネスの場面ではトラブルや課題がつきものなので、前職で遭遇したトラブルにどう対処したのかを中心に掘り下げられます。この質問では、トラブルの内容や結果はそれほど重視されません。課題への取り組み方や発揮したスキルを聞いているからです。企業に入社した後、どのように働くのかを見ているというわけです。トラブル時に採った対応策や発揮したスキルを通じて、自分をPRしましょう。志望企業の仕事の特性を考慮して、評価されそうなスキルを発揮したエピソードを盛り込むのがポイントです。

英語で履歴書を書くときには、なるべくわかりやすい表現を用いることや、熱意を伝えるうえで、これまでの活動を簡潔に記載することがコツです。